小鼻の周りのゴワゴワ。角質のケアで悩んでいませんか?

2015-09-12

こんにちはー!

ボゥ・ベル・サンテ的

“輝いて・美しく・生き生きと”した

ライフワークを皆さまにお伝えしたい

和田ゆみこです。

 

肌荒れを気にする美人

 

小鼻の周りがゴソゴソしている方。

ニキビや吹き出物のあとが、毛羽立ったようになっている方。

最近、よく見かけます。

これは、角質に少し問題が起きている可能性がありますね。

角質の厚みってどれくらいのものかご存知ですか?

こちらでご紹介してましたが、 たった0.02mmの中に

10~20枚の層が重なり合っているのです。

私たちの皮膚は、そのうちの1枚が、毎日、

アカとなって剥がれ落ちるような、メカニズムになっているのです。

ところが、小鼻の周りが気になるからと言って、

ムリに角栓を取るシートを乱用したり、

スクラブの入った洗顔料で、ゴシゴシ擦るとどうなるでしょうか?

毎日1枚、剥がれ落ちるべく角質が、一気に3枚、5枚と剥がされる。

 

実は、角質の層は意味があって、10~20層あるのです。

 

角質は、死んだ細胞の重なり合いです。

その層と層の間には、油分と水分がバランス良く備わっていて、

様々なものから、たとえば、

皮膚の乾燥や紫外線・ダニ・埃・などなどが

生きている細胞を傷つけないように

バリアになって守ってくれています。

 

それを一気に何枚も剥がされるのですから、

身体の中で、生きている細胞を守らなければならないという指令がおき、

どんどん角質を作るスピードが高まり、角質肥厚になってしまいます。

 

小鼻の周りをツルンツルンにしようと思っていたのに、

結果、ゴワゴワのイチジクのような小鼻や、

ワックスをかけた“みかん”のような肌を作ってしまうのです。

では、どのようにしたら、

ツルンツルン・すべすべのキメの整った肌が手に入るのでしょう!

 

ボゥ・ベル・サンテがお勧めする角質ケアは

とってもシンプルです。

 

それは、アミノ酸主成分の“クリーミィウォッシング”で丁寧に洗顔する事です。

アミノ酸には、タンパク質を分解する力があります。

角質とは、タンパク質の汚れ、アカです。

それを、苛性カリや界面活性剤の力に頼るのではなく、

アミノ酸の力を使って、ピーリングさせるのです。

“クリーミィウォッシング”を良く泡立て、

その泡を1~2分お顔の上で、フワフワ転がす。

一番上にある角質がちゃーんとピーリングされ、

すすいだ後には、

ゆで卵を剝いたようなツルンツルンのお肌が顔を覗かせます。

 

タンパク質の汚れである、角質のケアは、

同じたんぱく質の仲間のアミノ酸でケアする。

理に叶っていると思いませんか?

詳しくはこちらから

 

ボゥ・ベル・サンテのアミノ酸石けん『クリーミィウォッシング』

ウォッシング500

無料お試しセット / 化粧品のお申込み / お得情報 / お肌のカウンセリング、ワークショップのお申込み、お問い合わせ

 

 

 

 

Copyright© 2015 ボゥ・ベル・サンテ化粧品 石巻販社 All Rights Reserved.