被災地に薔薇を!そして、薔薇ジャムが出来るまで。

2015-10-16

image

震災の後、大好きなダンスもまだ踊る気分になれてなかった頃、

あるダンスパーティーの司会を頼まれました。

被災地石巻のファミリーホームへのチャリティーパーティーでした。

そこで知り合いになった東京のSおじちゃま。

から石巻の現状を聞くと、事あるごとに東京でチャリティーパーティーを開き、資金集めに奔走してくれました。

『くれました。』と過去形で言っては行けなかったです。今もチャリティーを繰り返してくれているのですから。

 


形あるものは形を整えればよい。

物が無くなれば、物を与えればよい。

果たして、復興とはそういうものなのでしようか?

 

確かに、震災当初は全国から届けられる物質に、どれだけ助けられたか知れません。

本当に感謝!感謝!です。

しかし、物が満たされ時間が経過すると、今度は言い知れない空虚感が沸いてきたのです。

知らず知らずに、心の中は震災前の思い出を追っていたのです。

物が満たされても、この空虚感はしつこく私たちを襲ってきます。

そんな時に知り合ったSおじちゃま。

「石巻の沿岸部にハマナスを植えよう!」

「津波に根こそぎ持っていかれたハマナスを、もう一回自生させよう!」

「和田さーん。ハマナスのローズヒップで薔薇ジャムを作ろう!」

「ローズヒップの種で、ローズヒップオイルを作ろう!」

「石巻ブランドが作れたら素敵だと思わないかい?」

「石巻に産業を起こすんだよー!」

「夢を見るんだよ!」「楽しい事を考えるんだよー!」


この勢いに私は

は~ーーーーっと後ずさり(ーー;)

それでもお構いなしに電話攻撃が続きます。

そして、とうとう2年半前から沿岸部にハマナスを植え始めました。

その数、約1000本。

そして……。

なんと今年、ハマナスのローズヒップの薔薇ジャム作りの試作まで漕ぎ着いたのです。

image

image

image

この薔薇ジャム。

成分分析の結果、ものすごい高濃度のビタミンCやEの他、

ビタミンPやリコピンなどが見つかったようです。

そして、そして何より美味でした。

クラッカーに乗せたりヨーグルトに入れたり、それはそれはほんとう美味しかったー。

image

Sおじちゃま。

夢を見せ続けてくれてありがとう!!

商品化まではまだまだ遠い道のりだけど、夢は見続けたいと思う。
いつか石巻ブランドのハマナスの『薔薇ジャム』が出来るまで。

 

今日も明日も

輝いて・美しく・生き生きと

無料お試しセット / 化粧品のお申込み / お得情報 / お肌のカウンセリング、ワークショップのお申込み、お問い合わせ
Copyright© 2015 ボゥ・ベル・サンテ化粧品 石巻販社 All Rights Reserved.